届いたらすぐにするべき!カード裏の署名の重要性としない場合のデメリット

更新日 2017年2月17日

クレジットカードが自宅に届いた時、まずやるべきことは券面に正確な氏名が刻印されているかどうかの確認です。正しければ次に、裏面にサインを記入しなければなりません。

署名することによって初めて、カード契約が完了するとも言えるのです。では、なぜクレカには署名が必要なのでしょうか?クレカの署名について解説します。

カードの署名が必要な理由

クレジットカードの署名はそもそも、利用時のサインとの同一性を確認するためのものです。現在ではネットショッピングや携帯端末を通しての決済、少額ノーサインでのカード利用などもできるため、サインはなくてもいいのではと考える方がいるかもしれません。

しかし、サインの記入はカードの規約で定められているものであり、必ず必要なことなのです。署名のないカードでは利用を断られるケースがあると供に、盗品や偽造の疑いをかけられてしまう可能性すらあるのです。

署名をしなかった場合のデメリットとは

サインのない状態のクレジットカードの場合、不正利用があった場合の免責を受けることができなくなります。サインをせずにカードを利用すること自体が規約に違反することになるため、盗難保険等が適用されない可能性があるためです。

なんとなくで後回しにはせず届いたらすぐに記入することで、こうしたリスクをなくすことができます。

カードのサインの書き方ルール

署名のスタイルについてはそれほど厳格に定められているわけではなく、好きなスタイルで構いません。漢字でもローマ字でも良く、字体についても特に決まりはありません。繰り返し書きやすいよう、筆記体で記入してもOKです。

記入には細めの油性マジックが滑りにくく便利ですが、ボールペンなどでも問題はありません。署名欄のサイドにセキュリティ・コードが記載されている場合、これが判読できるように注意しましょう。

まとめ

発行時や更新時、カードを受け取ったらまず券面確認とサインをすることの重要性はお分かりいただけましたか?

無署名の方が安全だとの説は全くの間違い、そのままではとても危険な状態です。あまり使っていないカードも含め、署名を確認しておきましょう。

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

  • □ 著者: 瓜生勝