リボ払いってどんな支払い方法?メリット・デメリットを要チェック!

更新日 2017年2月17日

リボ払いとは?

クレジットカードの支払い方法は, 一括払い ・ 分割払い ・ ボーナス払い の他に リボ払い があります。

他の支払い方法は名前から想像がつきますが, リボ払いとはどんな支払い方法なのでしょうか? 今回は、リボ払いについて徹底的にご紹介します!

リボ払いってどんな支払い方法なの?

「リボ払いはなんとなく知っているけれども 実際のところどんな支払い方法なの?」という方、少なくないのでは?

リボ払いとは, 毎月の支払額を一定に抑えられる支払い方法です。 「設定した金額+手数料」が引き落とされるため, 毎月の支払い計画が立てやすいという特徴があります。

リボ払いのメリット

1. 支払額がほぼ一定

リボ払いでは設定した金額が毎月引き落とされるため, 毎月の支払額がほぼ一定です。 「ほぼ」というのは残高に応じて手数料が変わることで, 微妙な差がでてくるためです。

2. ひと月の負担が少なく利用できる

リボ払いの支払い設定額は5,000円程度から設定できるカードが多くあります。

大きな買い物をしてもゆっくりと支払うことができるので毎月の負担が少ないといえます。

3. 余裕があるときは多めに支払いも可能

月々の支払いの負担を大きくしたくないと少額で設定している場合は返済期間が長くなることがあります。

「今月は余裕があるからもう少し返済したい」という場合はATMなどで入金をしたり, その月だけ返済金額を増やしたりすることができます。

各クレジット会社によって制度が異なりますので確認してみるとよいでしょう。

リボ払いのデメリット

1. 金利が高額

一括払いや分割払いに比べてリボ払いは金利が高いという面があります。

少ない金額のリボ払いならば手数料はあまりかかりませんが, 大きな買い物をしたときには手数料がどのくらい加算されるのか注意が必要です。

2. 残高スライド制と定額制がある

リボ払いと一言で言いますが 実は2つのパターンがあります。

毎月の残高に合わせて支払額が増減する「残高スライド制」 と 残高に関係なく設定した金額を支払う「定額制」です。 残高スライド制の場合は予期せぬ金額になることがありますので注意しておきましょう。

3. 商品ごとの支払い状況がわかりづらい

リボ払いは残高がある限り支払いが続きます。 1つの商品だけではなく, 支払い途中で他の買い物をすると残高の総額が増えます。

一括払いや分割払いに比べて商品ごとの明細もないため商品ごとの支払い状況はわかりづらいといえるでしょう。

まとめ

リボ払いについてまとめてみましたがいかがでしたか?

便利なリボ払いは 初めてクレジットカードを持つ方でも気軽に利用できる支払い方法です。 リボ払いの特性をよく理解して楽しいショッピングライフを送ってください!

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

  • □ 著者: 瓜生勝