サービスバランスのよいオススメのクレジットカード

更新日 2017年2月17日

クレジットカードを作る際にまず直面するのが、どれを選んでよいのかわからない!という問題。

使用目的がはっきりしている場合は比較的選びやすいのですが、「とりあえず1枚持ちたい!」と思っているなら総合的なサービスレベルの高いものがおすすめです。

「とりあえずの1枚」を選ぶポイントとは?

クレジットカードを持つのであれば、できるだけお得になるものを選びたいですね。

クレジットカードを選ぶ要素は大きく分けて3つ。年会費、ポイント還元率、付帯サービスです。3つの要素のバランスが取れていて使い勝手のよいカードを選ぶことがポイントとなります。

年会費はサービスとのバランスを見て!

クレジットカードの年会費は無料のものから数万円必要なものまでさまざま。一般的には年会費が高くなるほど全般的なサービスレベルも高くなると考えてよいでしょう。

気軽に持ちやすいのは年会費が永久無料のクレジットカードですが、ライフスタイルによっては年会費有料の方が使いやすいサービスが充実していて総合的にお得になるケースも多くあります。

クレジットカードを選ぶ際は、年会費の元がどれくらい取れるかを基準にするとよいでしょう。

ポイント還元率だけで決めるのは危険!?

クレジットカードのポイント還元率が高い方がお得と思いがちですが、実は一概にそうとは言えません。

例えば同じ0.5%の還元率であっても、100円利用ごとに0.5ポイントが付くものと200円利用ごとに1ポイントが付くものであれば、前者の方がポイントは貯まりやすくなります。ポイント還元率だけで選ぶのではなく、ポイントの還元効率や年会費とのバランスも考慮するようにしましょう。

付帯サービスも侮れない!

多くのクレジットカードにはさまざまな付帯サービスが付いています。代表的な例として、ETCカードや家族カードが無料、旅行損害保険やショッピング保険等の保険、優待施設の割引サービス、系列店でのポイントアップなどがあります。

自分のライフスタイルに合わせて付帯サービスを選ぶことで、クレジットカードをよりお得に使えるようになるので、合わせてチェックしておきましょう。

まとめ

メインカードとして気軽に持つなら年会費永年無料のクレジットカードがおすすめです。

還元ポイントは使用するほど貯まりやすくなるので、頻繁に使用する店舗やサービスでの還元率が高いものを選ぶとよいでしょう。

全般的にサービスバランスの良いクレカ

クレカ名をクリックすると詳細ページに移動します


年会費は永年無料で家族カードも無料で作れ、ポイント還元率が1.0%と高いのが特徴のクレジットカードです。楽天市場で利用すると4.0%の高還元率!電子マネー「楽天Edy」と併用でき、チャージでさらに0.5%のポイント還元があります。
楽天カードのお申込みはこちら(公式サイトへ)


年会費永年無料に加え、家族カードやETCカードの年会費も無料。通常のポイント還元率は0.5%ですが、入会初年度は1.5倍に、誕生月はなんと5倍の還元率!さらに年間利用料が50万円を超えると300ポイントのボーナスが付き、次年度も1.5%の還元率で利用できます。
ライフカードのお申込みはこちら(公式サイトへ)

VIASO(ビアソ)カード
三菱UFJニコス株式会社が発行する年会費と家族カードが永年無料のクレジットカード。「VIASOeショップ」経由で買い物をするとポイント還元率が数倍~10倍前後にアップされるため、ネットショッピングをよく利用する人におすすめです。ポイントは年1回自動キャッシュバックされます。
ビアソカードのお申込みはこちら(公式サイトへ)

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

  • □ 著者: 瓜生勝