法人用クレジットカードにはこのブランドがお勧め!

更新日 2017年2月17日

会社を設立すると, どのようなクレジットカードを所有するといいのでしょうか。個人の時とは異なる視点でのカード選びが必要な部分もあります。

法人でクレジットカードを作るときのポイントを確認しましょう。

法人のカードは経費削減になる!

そもそも, 法人用(法人名義)のクレジットカードは「経費削減」になります。

法人の売上から費用(正確には『損金』)として法人税のかかる課税対象部分を「圧縮」することができます。設立直後の会社で法人カードを作ることがメリットとなるひとつの理由です。

ただ、その一方で法人用のクレジットカードは年会費が高いという側面もあります。

そもそも「作ることのできる」カードか!?

個人のときは問題なく新規申し込みができたクレジットカードも法人名義となるとまったく作れなくなる場合もあります。

そのため 法人のクレジットカードを作成するポイントは, そもそも「作ることができるクレカ」という視点が必要になってきます。 審査に通らないカードは申し込みができないので諦めるほかありません。

やはり「見栄えのする」カードが大切

法人ともなると取引先や社内の部下と会食をして, その場の支払いにクレジットカードを使う場面もあるでしょう。

その時にどんなブランドのカードを使用しているかはとても大切です。 社内はあまり拘りがないかもしれませんが「この会社、しっかりお金を稼いでいる」と思って貰えるブランドはお勧めですね。

年会費の安いクレジットカードを

その一方で 年会費の安さ は大切な選択ポイントです。

一般的に法人クレカは個人用よりも2倍, 3倍と年会費の高い場合が多く, 手数料を度外視した法人用のクレジットカード選びはお勧めできません。

法人向けでオススメなのがこのカード

アメックスカードグリーン
法人も個人と同じく、高級感溢れるクレジットカードといえばやはりアメックス。普段使いでも充実したサービスとステータス。取引先と会食の際も、さっとアメックスと取り出せば契約がその場で決まることも?
AMEXカードGREENのお申込みはこちら(公式サイトへ)

MUFGゴールドカード
日本を代表する東京三菱UFJ銀行のブランドカード。ゴールドカードということも相まって、高級感を法人に付与することができます。財布にあるだけで存在感を発揮してくれそうですね。
MUFGゴールドカードのお申込みはこちら(公式サイトへ)

まとめ

法人用のクレジットカード選びをお伝えしました。

個人のクレジットカード選びと同じポイントから異なるポイント。 それぞれを認識してブランドを選ぶようにしましょう。

積もれば山となる、手数料のことも忘れずに。

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

  • □ 著者: 瓜生勝