高ポイント還元率を狙え!|ポイント還元率が高いクレカ比較

更新日 2017年3月27日

クレジットカードを利用する理由の一つとして”ポイントが貰える”と言うのがあると思います。大事なポイントですね。

ポイントとはクレカにより大きな差がありますので比較してみました。

本来, ポイントを考えるには「1,000円で○ポイント」と言ったポイント付与率 と 「1ポイント=○円相当」と言ったポイント交換率を整理して理解する必要がありますが、今回はわかりやすく全てをまとめた「還元率」で比較しています。

クレカの代名詞、ポイントをしっかり比較して選びましょう!

ポイント還元率が高いクレジットカードは?

クレカ別:還元率一覧

まず当サイトでご紹介している発行会社の代表的なクレジットカードで, 還元率を比べてみます。 各発行会社とも種類によっては還元率に違いがありますが、クレカによる還元率の違いがお分かりいただけると思います。

掲載クレカのポイント還元率一覧
クレジットカード名 ポイント付与 ポイント還元率 ポイント付与
「楽天カード」の券面画像

楽天カード

100円 = 1ポイント 1.00% ~ 10.00% 12ヶ月
「セディナカード」の券面画像

セディナカード

200円 = 1ポイント 0.50% ~ 10.50% 24ヶ月
「JCB CARD」の券面画像

JCBカード

1000円 = 1ポイント 0.48% ~ 9.52% 24ヶ月
「LifeCard」の券面画像

ライフカード

1000円 = 1ポイント 0.50% ~ 25.00% 最大60ヶ月
「JALカード」の券面画像

JALカード

200円 = 1マイル 0.50% ~ 2.00% 36ヶ月
「ANA VISAカード」の券面画像

ANA VISAカード

1000円 = 1ポイント 0.50% ~ 10.00% 24ヶ月
「VIASO (ビアソ) カード」の券面画像

ビアソカード

100円 = 0.5ポイント 0.50% ~ 10.00% 12ヶ月
「AMEXグリーン」の券面画像

AMEXグリーン

100円 = 1ポイント 0.33% ~ 1.00% 36ヶ月
「ダイナーズクラブカード」の券面画像

ダイナーズクラブカード

100円 = 1ポイント 0.30% ~ 0.40% 期限なし
「セゾンカードインターナショナル」の券面画像

セゾンカードインターナショナル

1000円 = 1ポイント 0.40% ~ 15.00% 期限なし

続いて、比較表の中から更に還元率が高いクレカを2つ厳選してご紹介します。

「還元率の”上限が高い”」 おすすめのクレジットカード

次にクレジットカードのポイント還元の上限が最も高いクレジットカードをご紹介します。

上限ポイントをもらうには条件をクリアする必要がありますが, 一番資金効率の良い方法ですのでチェックしておきましょう。

ライフ(Life)カード

「ライフ(Life)カード」の基本情報
クレジットカード名称 申込制限 年会費

ライフカード

「ライフ(Life)カード」の券面画像

VISA CardMaster CardJCB Card

年齢 学生 初年度 2年目以降
18歳以上 学生は学生カード 無料 無料
限度額 キャッシング 締め日 支払日 申込から発行まで期間
~200万円 5日締め 当月27日 最短3営業日
国際ブランド 電子マネー
VISA、MasterCard、JCB 楽天edy、ID(アイディ)
ポイントサービス
ポイント付与 還元率 有効期限 入会ポイント
1000円=1ポイント 0.5% ~ 25.0% 最大5年

このカードの特徴

還元率の上限が『25.0%』と非常に高いカードです。

基本のポイント付与は「1,000円=1ポイント」ですが, ライフ会員限定モール「L-Mall」でショッピングすると最大25倍のポイントが付きます。つまり, ”最大1,000円=25ポイント”となるのです。

更にそのポイント交換率は通常1ポイント≒5円相当ですが, 一部のギフトカードなどと交換すると最大10円相当まで交換率が上がります。

1,000円の利用で250円の還元となるため, 還元率は最大25.0%となります。

このカードに向いている人

ライフカードで10%以上の高ポイントを受け取るなら, L-Mallを利用するのが前提となりますので, ネットショッピングを利用する方はこのカードが向いています。

L-Mallで取扱う消費の ZOZOTOWN や ユニクロ などの衣料や ANA ・ JAL などの 航空券, じゃらん などの 旅行サイト、その他いろいろなサイトと連携して8,000万以上のアイテムを販売しているサイトです。「商品が無くて買えない」と言ったようなことは無いと思います。

また Life Cardは『誕生月はポイント5倍』と言うサービスをしています。 これを利用して誕生月にまとめて 楽天edy や ID(アイディ) など電子マネーにチャージしてポイント5倍を受け取るなど賢い使い方もできます。

「還元率の”下限が高い”」 おすすめのクレジットカード

先ほどは還元率の”上限が高い” クレジットカードについて解説しましたが, 続いて”下限が高い”おすすめのクレカをご紹介します。

楽天カード

「楽天カード」の基本情報
クレジットカード名称 申込制限 年会費

楽天カード

「楽天カード」の券面画像

VISA CardMaster CardJCB Card

年齢 学生 初年度 2年目以降
18歳以上 高校生は除く 無料 無料
限度額 キャッシング 締め日 支払日 申込から発行まで期間
~100万円 末日締め 翌月27日 1週間程度
国際ブランド 電子マネー
VISA、MasterCard、JCB 楽天edy
ポイントサービス
ポイント付与 還元率 有効期限 入会ポイント
100円=1ポイント 1.0% ~ 10.0% 12ヶ月 2000ポイント

このカードの特徴

ポイント下限が高いクレカの代表例はご存じ楽天カード。
特典なしのクレカ利用でも 100円で1ポイントが付く (1%相当還元) のは当サイトでNo1!

更に楽天市場の利用でいつでも4%相当の還元と高還元のポイントにも早変わりします。
なお, 楽天カードの還元率上限は10%ですが, 条件としては以下になります。

ちなみに リボ払いは便利ですが, 複数支払いになってしまうと金利を取られてしまい, ポイント負けしてしまいますので注意が必要です。

このカードに向いている人

楽天の各サービスを利用する方は問答無用で持っておくべきカードです。
※大半の方は持っていると思いますが。。。

楽天以外の特約店での利用は3%とそこそこと言ったところですが, 還元率の下限が1%なので普通に使ってもお得にポイントを貯めれるカードだと思います。

”還元率が高い”クレジットカードのまとめ

今回ご紹介クレカ以外にも「高還元率」を謡うカードとして「セゾンカードインターナショナル(最高還元率:15.0%)」, 「セディナカード(最高還元率:10.5%)」などがありました。

ただ, いずれも特定サイトでのカード利用と言う制約で前述のライフカードと条件に差はありませんでした。

賢い運用方法を用途別に考えるとセブンイレブンやイトーヨーカドーでの利用で還元率が1.5%になる「JCB一般カード」なども併用すると良いのかもしれません。

これまで現金で利用していたものをクレカに変更するだけでも, それなりのポイントになると思いますので活用してください!

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

「比較・ランキング」の関連リンク

当サイト内の比較・ランキングページの一覧です。用途の応じてご覧頂ければ幸いです。

  • □ 著者: 瓜生勝